FC2ブログ

Entries

成長


地震が起きた時。

息子はまだ学校にいて、ちょうど帰り支度の時間だったらしい。

こんな大きな地震は生まれて初めてで、しかも家族と一緒じゃなくてどんなに心細かっただろう。


凄い揺れの中、わたしが真っ先に見たものは時計だった。


今頃息子はどこにいるんだろう。

学童保育への道を歩いているんじゃないだろうか。

電柱やブロック塀が倒れて、下敷きになっていないだろうか。

そんな不安が頭の中をよぎる。


心配して来てくれたK君のお母さんが、わたしの一番の心配は息子のことだと気付いてくれて、すぐに学童保育へ迎えにいってくれた。


帰って来た息子を「怖かったでしょ?」と抱きしめるつもりだったのに、家に駆け込んできた息子の第一声は「お母さん、大丈夫だった?」。

息子は昼間ひとりきりでベッドに寝ているわたしが、家や家具に押し潰されているんじゃないかと心配だったらしい。


学校で怖くて泣いてしまったと後から聞いたけど、家では緊急時に使う予定の発電機の使い方を自ら進んでパパから教えてもらっている。


その後ろ姿を見て、思わず涙がこぼれそうだった。


まだ9歳なのに。

こんなに大きくなったんだね。

いつの間にか、身体だけじゃなくて心まで成長していたんだね。


もうすぐ4年生。

来年の今頃は、きっともっと大人になっているんだろうね。





スポンサーサイト



コメント

[C28] お疲れ様です

こんにちは。k田です。大丈夫ですか?
いい息子さんですね。とても温かいお話で勇気を頂きました。
僕も含めALSの患者さんや、他にも医療機器に頼っておられる方々のことを思うととても心配します。
ただ、被災地の方々のことを思うと、僕たちは決して慌てず、恐れず、ただただ被災地の方々の無事を祈ることがとても重要だと思います。僕たちは恵まれていますもの。
節電に努め、無駄にモノを買い求めず、少しでも被災地に物資が行き届くように粛々と平常の暮らしを続けることが大事だと思います。
僕も、まわりに、いろいろなニュースを見て慌てる友人がいますが、そんな友人に、せめて僕たちは慌てず、先頭に立って、普段の生活を続けよう、我先に自分の生活を守るのではなく、自分たちはまだまだ恵まれていることを自覚しようと話しています。
これからが本当に大変なのですから。
タケコさんもいつものポジティブなままで頑張ってくださいね。それだけでみんな勇気がでます。

[C29] K田さんへ

コメントありがとうございました。
お元気そうで安心しました。

本当にこんな時だからこそ、慌てずに平常心でいたいですね。

わたしもBiPAPを外していられる時間が少なくなってきているので停電が怖くて仕方ないのですが、停電の準備だけは整えたので後は自分の体調を整えて、現在混乱している医療関係者のお世話にならないようにすることが、今の自分に出来る最大のことじゃないかと思っています。

被災された方々、特に人工呼吸器を装着されている方々のことを思うととても心配ですが、現地で必死に救助されている人達や医療関係者を信じて祈りを捧げています。

K田さんの穏やかな文章にいつも癒されています。
お身体に気を付けてくださいね。
またブログへお邪魔します。

タケコ

[C30] はじめまして

コメントいただき、有難うございます。

元気です!

現在 仙台市内のALS当事者の安否確認等 走り回っていました。

震災直後 毎日新聞記者が仙台入りして同行したり・・・・。近々紙面に掲載かと思います。

少し落ち着いたら ブログでもご報告します。



  • 2011-03-18 14:10
  • hiroshi
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takekos1.blog136.fc2.com/tb.php/42-7278ae10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

takekos1

Author:takekos1
はじめまして、takekos1(タケコ)です。
四年前までフリーランス・インテリアコーディネーターとして仕事をし、小学校3年生の男の子の母親で、育児&家事に追われる普通の42歳の主婦でした。
突然のALS発病で大好きだった仕事を失くしたけど、どんな時でも笑顔だけは忘れず残された日々を楽しみながら生きていたら、突然進行が止まりました。
そして、今新たな幸せな人生を歩み始めています。
難病だって身体が動かなくなったって、生きていればきっと幸せは見つけられるって信じてます。
病気についての詳しいことは、下記のブログで書いています。
http://plaza.rakuten.co.jp/takekos1/

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR