FC2ブログ

Entries

諦めと受容

実はここのところ、柄にもなく少し落ち込んでいた。

それは、どんどん進行していく病気に心も身体も占領されてしまいそうで怖かったから。

この身体から逃げ出せれば、もしかしたら自由になれるかも・・・。

そんな妄想に駆られたけど、そんなことは不可能だということは自分自身が一番よく知っていた筈。


毎日少しずつ動かなくなっていくのに、なにも出来ずにただ全く不動になるのを待つだけなんて、なんて情けないんだろう・・・。


今までどんな辛いことにも、どんな困難にも真正面から立ち向かってきたわたし。

時には上手くいかないこともあったけど、諦めることを知らず必ず乗り越えてきた。


でも、今回ばかりは手も足もでない。

相手はアメリカでは癌よりも恐れられているALSだから・・・。


負けを認めるのが悔しいのかもしれない。

諦めるのが怖いのかもしれない。


いつだって諦めることをしてこなかったから・・・。

簡単に諦める自分が許せなかった。


だから、一度ぜんぶ放り投げてみた。


「もういっか」って。


そうしたら、「もういっか」って放り投げることの方が「諦める」ことだってことに気付いた。


病気で動かなくなってしまう自分を認めてあげることは、「諦める」ことじゃなくて「受容」してあげることなんじゃない?って。


病気に身体を占領されても、心はわたしのままなんだから。



雪


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takekos1.blog136.fc2.com/tb.php/39-7bd4af0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

takekos1

Author:takekos1
はじめまして、takekos1(タケコ)です。
四年前までフリーランス・インテリアコーディネーターとして仕事をし、小学校3年生の男の子の母親で、育児&家事に追われる普通の42歳の主婦でした。
突然のALS発病で大好きだった仕事を失くしたけど、どんな時でも笑顔だけは忘れず残された日々を楽しみながら生きていたら、突然進行が止まりました。
そして、今新たな幸せな人生を歩み始めています。
難病だって身体が動かなくなったって、生きていればきっと幸せは見つけられるって信じてます。
病気についての詳しいことは、下記のブログで書いています。
http://plaza.rakuten.co.jp/takekos1/

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR