FC2ブログ

Entries

友達の力

小学3年生の息子はまだ冬休み中で、昨日から明日までは朝から夕方まで学童保育にいくことになっている。

昨日学童で一番の親友K君とゲームの貸し借りで揉めたらしく、今朝はどうしても学童に行きたくないと言い張った。

多分休み中ずっと口煩く言われていたパパが今日から仕事で家にいないので、解放感に浸りながら家でノンビリゲーム三昧したい気持ちもあったろうし、休み中ずっと寝不足が続いていたので眠かったのも原因だと思う。

息子のその気持ちは痛い程よくわかるしたまにはゆっくりさせてあげたいけど、社会に出たらそんな甘いことも言ってられないということを教える時期がきたのかもしれないから、ここはじっくり腰を据えてお互い納得するまで話し合ってみた。

朝7時前に始まった話し話し合いは平行線のまま、遂にK君とK君のお母さんがお迎えにきてくれる9時まであと20分しかない8時40分になってしまった。

ここのところ呼吸も辛いし呂律が回らなくなってきてるたわたしの疲労は限界に達し、「もう、いっか」と諦めてK君のママにお休みすることをメールした。

すぐにK君のママから「これからKに電話をさせるから・・・」と返信があり、1分もたたない内にK君から息子に電話がかかってきた。

電話に出た息子は凄く嬉しそうに「今朝何時に起きたの?」とか「おまえまだ起きたばっかじゃん、何やってんの」とか、普段わたしにはあまり見せたことのない男っぽい話し方で「少年の会話」をしている。

電話の途中で息子がわたしに「やっぱ、学童いくから!」。

さっきまでのわたしとの1時間半は、K君からの電話1本で無かったことに・・・。

一緒に遊べば喧嘩ばかりしている2人の間には、もう親のわたしには計り知れない「絆」が出来上がっている。

どんな会話をしたのかわからないし、多分親のわたしはわかる必要もないけど、友達の力って凄いと思った。

ずっとずっと大切にしてね。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takekos1.blog136.fc2.com/tb.php/27-b6af32f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

takekos1

Author:takekos1
はじめまして、takekos1(タケコ)です。
四年前までフリーランス・インテリアコーディネーターとして仕事をし、小学校3年生の男の子の母親で、育児&家事に追われる普通の42歳の主婦でした。
突然のALS発病で大好きだった仕事を失くしたけど、どんな時でも笑顔だけは忘れず残された日々を楽しみながら生きていたら、突然進行が止まりました。
そして、今新たな幸せな人生を歩み始めています。
難病だって身体が動かなくなったって、生きていればきっと幸せは見つけられるって信じてます。
病気についての詳しいことは、下記のブログで書いています。
http://plaza.rakuten.co.jp/takekos1/

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR